誠

プリンタ用表示

ニュース
2005/11/17 12:06 更新


ボーダフォン、170名分の顧客情報流出

ボーダフォンは、170名分の顧客情報が流出したことを明らかにした。販売代理店のスタッフが持っていた営業日報が盗難に遭ったためで、当該書類は見つかっていない。

 ボーダフォンと豊通シスコムは11月17日、営業日報の盗難により、170名分の顧客情報が流出したとアナウンスした。営業日報が盗難に遭ったためで、当該書類はまだ見つかっていない。

 盗難事件は11月8日に発生。ボーダフォンの販売代理店である豊通シスコムがシンクメディアに業務委託している奈良県のボーダフォンショップ「ボーダフォン生駒」に勤務する従業員が、帰宅途中の車内に置いていた営業日報を盗まれ、そこに記載されていた170名分の顧客情報が流出した。流出した情報は2004年1月から2004年12月に同店に来店した顧客のもので、「氏名」「携帯電話番号」「携帯電話の製造番号」「携帯電話の機種・色」「来店理由」「領収金額」「領収日」「利用したポイント数」が記載されていた。

 事件発生後に被害届を出すと同時に、スタッフが付近を捜索したが、発見には至っていない。ボーダフォンでは当該顧客に対して個別に事情を説明しているという。なお、現時点で情報流出に起因する被害報告は出ていない。

 豊通シスコムとシンクメディアは今後、情報管理体制の見直しと再発防止体制の構築を行うとし、ボーダフォンも、再発防止と個人情報の安全管理を徹底するとしている。

[後藤祥子,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.