誠

プリンタ用表示

連載
2005/11/02 14:04 更新

神尾寿の時事日想:
ソニーにとってのFeliCaビジネス(後編)

これまでのFeliCaは、交通チケットや電子マネーという分野で普及が進んできた。しかしこれから発展してくると思われるのが個人認証やセキュリティの分野だ。また「かざしてつながる」というインタフェースには、各種電子デバイスのUIを根底から変える可能性がある。

 FeliCaの個々の機能に立ち返ってみると、レスポンスのよさや、モバイルFeliCaで効果を発揮するマルチアプリケーションの部分が注目される。だが、今後の発展を視野に入れると、FeliCaのセキュリティ機能の高さを生かした「個人認証」分野での利用も重要になるという。

“FeliCa+PC”で個人認証

 「今では職場や家庭でPCは『1人1台』になってきていますが、一方で情報漏洩のリスクが高まっている。こういった1対1の関係にあるPCのセキュリティロックなどでも、FeliCaは使えます。例えば、FeliCa社員証や(個人の)おサイフケータイを鍵代わりにすることができるのです」(谷井洋二・FeliCaビジネスセンター センター長)

 PCからの情報漏洩を防ぐセキュリティ機能としては、従来からある暗証番号方式の他に、レノボのThinkPadなどが積極的に搭載する指紋認証システムがある。それらに対するFeliCaの優位性はどこにあるのだろうか。

 「FeliCaは認証に使う鍵自体にメモリを内蔵していますから、単体でセキュリティロックをかけるだけでなく、生体認証の情報を保存しておいて組み合わせて使う(二重ロック)など応用性が高い。アプリケーションとしての拡張性がひとつの強みだと考えています」(谷井氏)

 ソニーではFeliCaを使ったセキュリティ機能を普及させるため、VAIOへのFeliCaリーダー/ライター搭載を進めており、2005年冬商戦向けラインアップからはFeliCaリーダーライターをほぼ標準搭載している(4月21日の記事参照)。まずは自社製品からFeliCa機能を搭載し、今後、普及していくおサイフケータイとも連携する環境を作っていく考えだ。

 また、PC以外の分野でもFeliCaを使った電子ロックシステムを訴求していく。すでにオフィスや家の電子ロックシステムは商用化されており、この分野は普及を目指す段階にきているが(3月3日の記事参照)、今後の開拓市場として注目しているのがクルマの鍵だという。

 「まだ、詳しくお話できる段階にはありませんが、クルマ向けの電子錠についてもFeliCaのビジネスがあるのではないかと検討しています」(谷井氏)

コンシューマー向けAV連携で「ソニーの復活」にも貢献

 FeliCaは、鉄道など公共交通や電子決済など“社会インフラ”への普及という、これまでのソニーでは異色のビジネスを成功させてきた。その上で、今後はソニーのエレクトロニクス事業にも積極的に関わるという。

 「これまでのFeliCaビジネスはソニーグループの外を見ていました。交通や決済分野の普及を筆頭に、この分野は成功してきている。しかし、ソニーグループはVAIOやコンシューマーAV機器など(エレクトロニクス分野)が重要なビジネスですので、今後はソニーの他の製品とFeliCaの応用に力を入れていこうと考えています」(谷井氏)

 その第一弾が今冬のVAIOシリーズでの標準採用である。コンシューマー機器への展開はソニーにとって重要だが、そのためには「(社会・生活の)インフラとして普及していないと、お客様がFeliCaを理解できない」(谷井氏)。鉄道や電子決済で普及が進んだからこそ、コンシューマー機器への展開も考えるようになったという。FeliCaにとって新たなフェーズといえる。

 ソニーでは将来のFeliCaとコンシューマー向けエレクトロニクス機器を連携させたヴィジョンとして「NFC」を掲げている。これはFeliCaを認証トリガーとして使い、異なるデジタル機器間で情報のやりとりをするものだ(3月3日の記事参照)

 例えば、写真を撮影した携帯電話をPCにかざせば、その写真データはPCに取り込まれる。プリンターにかざせば、写真はプリントされるというように、デジタルデータの扱いが「物理的に機器をかざす」だけで実現できるようになる。携帯電話だけでなく、デジタルカメラやテレビなども対応していけば、今後のデジタル家電で重要になるUIとユーザーリテラシーの問題解決にも有効だ。

 この分野に詳しい岡田浩・ソニーFeliCaビジネスセンター ビジネス開発担当部長は「NFCはFeliCaと他のP2P通信を組み合わせられるのもポイントです。例えば認証や設定を簡易化する目的でNFC(FeliCa)を使いますが、これだけだと通信速度が424Kbpsしかないので、大容量データの送受信はBluetoothやWiFiを使う仕組みです。認証設定はNFCで終わっていますから、ユーザーは(BluetoothやWiFiの)設定の難しさを感じずに、データのやりとりが実現できます」と話す。

 NFCの研究開発はかなり進んでおり、それほど遠くない時期に商用化も可能だという。むろん、その際にはおサイフケータイの活用も視野に入ってくる。「『簡単設定』のようなアプリをダウンロードすれば、携帯電話とデジタル家電が“かざすだけ”で連携する。そういった世界も夢ではない」(岡田氏)

 「FeliCaのコンシューマー機器への展開は我々にとって非常に重要です。まずはVAIOに(FeliCa対応機能を)入れました。今後はソニーの各部門に働きかけて、デジタルカメラやテレビにもFeliCaを入れていきたい。連携する相手が増えることで、FeliCaの可能性は広がりますから」(谷井氏)

 現在のソニーにとって、エレクトロニクス分野での復活は至上命題だ。特にデジタル家電分野は今後、「高度化した機能やサービスをどれだけ使いやすくするか」が重要な課題になる。FeliCaを使ったNFCは、UIの改善という形で今後ソニーの強みになる可能性がある。

[神尾寿,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.