誠

プリンタ用表示

速報
2005/10/21 08:29 更新


Microsoft、ActiveSync 4.0の接続問題で対処法掲載

Windows Mobile 5.0端末とPCとの接続が切れたり全く確立できないなどの問題に対処する方法が同社サイトに掲載された。

 Microsoftの同期化ソフト最新版「ActiveSync 4.0」を使ってWindows Mobile端末とWindows PCを接続した場合に問題が生じる可能性があるとして、同社が回避策をサイトに掲載した。

 この問題ではデータ転送や同期の最中にデバイスとPCの接続が切れてしまったり、接続が全く確立できない、部分的な同期しかできないといった現象が発生するという。

 こうした問題は、デスクトップのファイアウォールやネットワークトラフィック管理アプリケーションの影響で発生しているようだとMicrosoftは解説。これらアプリケーションがデバイスとPCの間のTCPトラフィックに干渉するのが原因だとしている。

 対処策として、ファイアウォールの場合はプログラムの例外リストにActiveSyncアプリケーションプロセスを追加する方法を、各社の製品ごとに紹介。

 ネットワーク接続マネージャの場合は、関係するドライバを解放する方法があると解説しているが、機能低下やセキュリティ問題発生などの危険もあると断っている。

 ここで解説している方法を推奨できるのは、Windows Mobile 5.0搭載の端末でActiveSync 4.0を使っている場合のみだという。

[ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.