誠

プリンタ用表示

ニュース
2005/09/14 15:19 更新


ワンチップで読み取りから認証まで――超小型指紋認証モジュールが登場

NTTとNTTエレクトロニクスは、11mm×15mm×1mmというサイズの超小型の指紋認証モジュール「μFP」を開発した。

 NTTとNTTエレクトロニクス(NEL)は、1チップ指紋認証LSI技術を活用した超小型指紋認証モジュール、「μFP」を開発し、製品化を完了した。10月1日より、NELよりサンプル出荷を開始する。サンプル価格は、数量によって異なるが3000円程度の見込みだ。

 μFPは、11mm×15mm×1mmという小型パッケージ内に指紋センサーや認証処理回路を搭載し、指紋の読み取りから画像の照合、認証にいたるまで、すべての処理を行う機能を集積した製品。認証速度は1秒以内といい、本人拒否率は1%以下、他人受け入れ率は0.01%以下と、高い精度で認証を行える。

 認証用プロセッサや認証処理ソフトの開発、検証が不要なため、簡単に機器に組み込める点が特徴だ。ノートPCやPDA、携帯電話はもちろん、ICカードや情報家電、プロセッサを持たない車のキーなどさまざまな機器で、指紋認証によるセキュリティの強化を図れるようにするという。なお、モバイル機器への実装を考慮し、入出力電圧は1.7V〜3.6Vに対応した。

[ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.