誠

プリンタ用表示

ニュース
2005/09/05 15:08 更新


KDDIら4社、RFID携帯を使ったコンシェルジュサービス

RFIDタグを内蔵した地図を用意し、携帯電話を近づけると情報が表示される。

 KDDI、日立製作所、伊藤忠商事、伊藤忠テクノサイエンスは9月5日、RFIDリーダーを搭載した携帯電話を使った情報提供サービスの実証実験を行うと発表した。

 ホテルにRFIDタグを内蔵した周辺地図を設置し、携帯電話を地図上のスポット(約70カ所)に近づけると施設情報や周辺情報、イベント情報などが表示される。また、それらの情報を集めた自分専用のポータルサイトを作ることができる。4社では、これを携帯電話を使ったコンシェルジュサービスと位置づけている。

 実験に利用する携帯電話は、3月に開発した試作機(3月2日の記事参照)。パッシブタイプとアクティブタイプの2種類があるが、今回はミューチップを搭載したパッシブタイプを使う。

 実験は、スターツホテル開発が運営する江戸川区のビジネスホテル「ホテルエミール葛西」で、約1カ月間行う。端末は2台用意し、宿泊客を中心に1日あたり約20名の利用を見込む。4社は、実証実験の成果をもとに、携帯電話を使ったコンシェルジュサービスの事業化を検討していく。

rfid.gif

今回の実証実験の流れ

[斎藤健二,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.