誠

プリンタ用表示

ニュース
2005/09/05 03:51 更新


4人に1人が携帯で音楽を聴く――ネプロジャパン調べ

携帯コアユーザーに対して行ったアンケートによると、51%が携帯による音楽ダウンロードの経験者。普段音楽を聴くプレイヤーは?の問いに対し、携帯電話がトップになった。

 ネプロジャパンとネプロアイティは9月2日、「音楽のネット配信」をテーマとした「モバイルレポート」の結果を発表した。

 「モバイルレポート」は携帯コアユーザーの意見を収集した結果を、毎月レポートとして発行しているもの。今回の調査は8月11日、12日の両日、iモード、EZweb、ボーダフォンライブ!向けサイト「ザ★懸賞」で、アンケートを実施した内容がまとめられている。有効回答数は4220人。

 同アンケート結果によれば、音楽を「携帯でダウンロードしたことがある」利用者は51パーセント。1カ月にダウンロードする曲数は、「1〜10曲」が約60パーセントで1位と、まだそれほど多くないものの、普段、音楽を聞く携帯型音楽プレーヤーとしては、携帯電話が26パーセントでトップとなり、携帯電話のプレーヤーとしての人気が高まっていることが明らかになったという。

 携帯電話に音楽を「ダウンロードをしたことがないユーザー」は32パーセントで、「1曲の料金が高い」が15パーセント、「支払いが面倒」が12パーセント、「難しそう」が11パーセントといった理由が挙げられている。その他の理由としては「音質が良くない」「個人情報流出やウイルスが心配」「ジャケットのデザインが楽しめない」などが45パーセントを占めた。

[ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.