誠

プリンタ用表示

ニュース
2005/08/08 10:43 更新


iモード用フルブラウザ「サイトスニーカー」正式版公開

無料フルブラウザ「サイトスニーカー」の正式版が登場。タブブラウザ化したほか、IEで見ているサイトのURLをQRコード化する機能を備える。

 ユビキタスエンターテインメント(UE)は8月8日、iモード用フルブラウザ「サイトスニーカー」の正式版を公開した。ダウンロードは、8月8日午後8時8分から。

 サイトスニーカーは、PC用のWebサイトを携帯電話で閲覧できる、iアプリのフルブラウザ。HTML3.2に準拠しており、CSS対応サイト(ブログなど)も閲覧できる。同じキーを押し続けるだけで気楽にサイトを見られるオペレーションが特徴。ベータ版に引き続き、正式版も無料で利用できる。

ay_ss.jpg

 正式版で追加された新機能は大きく分けて2つある。1つは、タブブラウザ化。タブは3つまで表示でき、キーで切り替えながら閲覧できる。

 もう1つはBookMarkletとQRコードを利用した、PC用のWebブラウザとの連携機能だ。まず事前に、PC用ブラウザで「QRコードジャンプ」のBookMarkletを「お気に入り」へ登録しておく。その後はWebブラウズしているときに、携帯で見たいサイトがあれば「お気に入り」から「QRコードジャンプ」を選ぶと、QRコードが生成される。携帯電話でQRコードを読み込むと、サイトスニーカーでそのサイトを閲覧できるという仕組みになっている。なお、対応Webブラウザは、InternetExplorerのみ。

 ほかにも、地図などピクセルサイズの大きな画像を表示できるようになったほか、シンプルモードでもGIFファイルを表示できるように変更された。また、PNGファイルにも対応した。

ssqr.png  正式版の対応機種は、FOMA 700i/701i/900i/901iシリーズと、ムーバ 505i/506iシリーズ。ただしムーバ 505i/506iシリーズは、タブブラウザ機能に制限がある。

 サイトスニーカーは、http://pease.jp/からダウンロード可能。また、QRコード用のBookMarkletはサイトスニーカーの公式サイトから登録できる。

[吉岡綾乃,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.