誠

プリンタ用表示

ニュース
2005/08/03 16:45 更新


FeliCaで街おこし――ドコモ、裏原宿活性化計画 (1/2)

NTTドコモとテックファーム、地域情報サイトのURAHARA.ORGが共同で、裏原宿の街おこしに取り組む。「おサイフケータイをかざして街おこし」というその詳細は……?

 NTTドコモ、URAHARA.ORG、テックファームの3社は、8月3日、iモードFeliCa端末(おサイフケータイ)を利用した街おこしキャンペーンを展開することを発表した。キャンペーンは8月8日から行われる。

 コンセプトは「街をブックマークする」こと。気になるお店があれば、店頭に置かれたTOWNPOCKETの専用端末を見つけたら、おサイフケータイをかざすと、電話番号や住所、紹介など、店舗の情報がiアプリに書き込まれる。(7月16日の記事参照)

ay_tp00.jpg
TOWNPOCKETの専用リーダー/ライター

auのFeliCa端末や、FeliCa非搭載ケータイにも対応

 キャンペーンの舞台となるのは、東京の「裏原宿」と呼ばれるエリア。竹下通り、明治通り、原宿通り、キャットストリートなどに挟まれた狭い地域に、ファッションショップや雑貨店、ヘアサロンなどの小さな店舗が密集している。URAHARA.ORGは、この地域の情報をPC・携帯サイトで発信している。

 土日は1日25万人以上いる原宿駅利用者の大半が、裏原宿を訪れるという。「裏原宿に集まるのは10代〜30代前半の流行に敏感な人たち」と、URAHARA.ORG代表の高橋嘉一氏が話すように、携帯リテラシーの高い、若い世代をターゲットにしたキャンペーンだ。「30万人以上の人に試してほしい」(高橋氏)

 ユーザーはあらかじめ、テックファームのアプリ「TOWNPOCKET」をダウンロードしておく必要があるため、QRコードや空メールアドレスを端末に印刷しておき、ユーザーをダウンロードサイトに誘導する。アプリを利用できる対応端末はFOMA 901iC、901iSシリーズのみだが、iモードサイトを利用することで、これ以外の機種でも利用できるようにする。また、auのEZ FeliCa端末にも対応予定だ。

 8月8日から8月28日までは「URAHARA.ORG 夏祭りキャンペーン」が行われる。TOWNPOCKETをダウンロードしたユーザーが、対応店舗の専用端末におサイフケータイをかざし、5カ所以上の店舗をブックマーク登録すると、ハズレなしのくじが引ける。キャンペーンスタート時点では153店舗に専用端末が設置される。

ay_tp01.jpg
裏原宿にある店舗に行き(左)、専用端末におサイフケータイをかざす(中)。iアプリ「TOWNPOCKET」が立ち上がり、「TOP ONE」という店舗の情報が書き込まれたことが分かる(右)。なお、TOWNPOCKETはFeliCaチップの入っていない携帯電話にはインストールできない
ay_tp03.jpg
5店舗以上ブックマークすると、Tシャツ、ステッカー、携帯ストラップがハズレなしでもらえる

 11月からは、店舗ごとにおトク情報をメールマガジンやクーポンという形で、希望するユーザーに配信するサービスを開始する。また、冬以降は、裏原宿で利用できるポイントプログラムや、URAHARA.ORGのモバイルコマースサイト立ち上げなども検討中だとする。

      | 1 2 | 次のページ

[吉岡綾乃,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.