誠

プリンタ用表示

ニュース
2005/07/02 11:52 更新


FeliCaでピッ!──札幌大学の出欠席システム (1/2)

FeliCa入りの学生証を教室の扉にかざすだけで出席が取れる出欠席管理システムを、札幌大学が導入した。新しいシステムを導入して3カ月が経ち、教員と学生の双方に起きた変化とは?

 始業のチャイムが鳴り、学生がぞろぞろと教室に入っていく。よくある大学の光景だが、札幌大学の場合はちょっと違う。席に着く前に、必ず教室の扉のところに学生証をかざしているのだ。学生証をかざすと「ピッ」と音が鳴る。

 扉のところに設置されているのは、ドコモ・システムズ製のリーダー/ライター「WB-1R/W」。サイズは168×230×24ミリと弁当箱大の大きさで、FeliCaとRFIDタグに対応している。

 学生証にはFeliCaチップが埋め込まれている。学生証をかざすことでWB-1R/WがFeliCaの情報を読み取り、学生が何時何分に教室に入ったかを記録する。入室データはサーバに送られ、学生の履修情報と照らし合わせて、出席と判定する仕組みだ。学生は大学のWebページにアクセスすると、いつでも出欠情報を確認できる。

 札幌大学では、今年の4月からこのシステムを導入した。導入した理由、そしてその結果大学がどう変わったかを取材した。

ay_sp01.jpg
札幌大学経営学部産業情報学科の大森義行教授

出欠をめぐる大学の試行錯誤

 記者が大学生だったころ、出席は講義の度に取るものではなく、数週間に1回とか、1年間で数回しか取らない講義も珍しくなかった。出欠の取り方も非常にアナログ。小さな紙を学生に配り、学籍番号と名前を書かせて回収する。教授が名前を読み上げて、学生が返事することもあった。学生の数が多い講義では、授業に出ない人の出席をほかの人が申請する“代返”を、よく見かけたものだった。

 「大学側にとっても出欠を取るのは大きな負担なんですよ。200人のクラスで20分くらいかかってしまう。教員は講義時間を取られてしまうし、そのあとで処理をする事務の人たちも大変なんです」と話すのは、札幌大学経営学部産業情報学科の大森義行教授。このシステムを導入した責任者だ。

 より時間がかからず、正確な出欠を取るために──今回導入したFeliCaを利用したシステムに至るまで、札幌大学では今までいくつかの試みをしてきたという。

 2004年には日立製作所と共同で、ミューチップを貼った学生証を使って出席をとる実証実験を行った。磁気カードの学生証の裏にミューチップを貼り、学生の出席を取る。出席情報を学生にメールで送信するというものだ。この実証実験の結果を受けて、非接触ICカードを利用した出欠システムの導入が決まった。

ay_sp02.jpg
ドコモ・システムズ製のWB-1R/W。FeliCaとRFIDタグ(Mifare、i・Code、Tag-Itなど)の両方に対応している。ACアダプタのほか単三型ニッケル水素充電池4本でも動作する。イーサネットのポートとCFスロットを持っており、LAN環境のないところでも利用できる
ay_sp03.jpg
紙に名前を書く出席カードから始まり、電算処理ができるマークシート方式を導入。しかし当初の用紙は1枚に5人まで書き込めたため「4人まで代返できてしまう」と問題になり、1枚1人のシステムに切り替えられた。またマークシートは筆跡が残らないため、やはり代返を心配する声が多かったという

携帯の可能性に着目

      | 1 2 | 次のページ

[吉岡綾乃,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.