誠

プリンタ用表示

ニュース
2005/06/20 22:31 更新


Symbian OSのもう1つのUI〜UIQ3.0も登場

NokiaのSeries60と双璧をなす、Symbian OS向けのUI──UIQ。Sony EricssonやMotorola端末に使われている、UIQの開発元に話を聞いた。

 Symbian OSは、その上で動作するUI(ユーザーインタフェース)とセットで使われる。Nokiaが提供する「Series 60」とならび、有名なUIが「UIQ」だ。

 Symbianの子会社、UIQ Technologyが提供するUIQは、英Sony Ericssonや米Motorola、台湾BenQ、台湾Arimaなどに採用されている。日本でも、ドコモが7月に発売する「M1000」がSymbian OSとUIQを使っている。

uiq3.jpg

UIQ TechnologyのCEO、ヨハン・サンドベリィ氏(左)と、マーケティングのトップ、カリーヌ・ディートマン氏(右)

 「UIQのSDKは既に6万件以上ダウンロードされ、1100以上のアプリケーションが市場に出ている」と同社CEOのヨハン・サンドベリィ氏。

 UIQのアプリケーションは、SelectedとAllianceに分かれたパートナー企業から数多くがリリースされている。UIQプラットフォームと統合が可能で、テスト済みなのがSelected企業から提供されるアプリケーション。言語入力ソフトの「T9」や「QuickOffice」、動画プレーヤーの「PV Player」などが該当する。Allianceパートナーの製品には、ACCESSのブラウザや手書き入力ソフトの「DECMA」などがある。

 6月20日には、日本語入力環境の開発を行っている日本の管理工学研究所(K3)がUIQのAllianceに参加している(UIQのリリース参照)

 「1つのコードから、いろいろな携帯ができる。オペレータの希望に応じてのカスタマイズも容易だ」と、サンドベリィ氏はUIQ採用のメリットを述べた。

uiq1.gif

UIQは、Symbian OSの上に乗るUI部分となる。各アプリケーションは、このUIに合わせて構築される

3.0ではペン以外にも対応

 これまで「ペン入力タイプが基本」(UIQでマーケティングのトップを務めるカリーヌ・ディートマン氏)だったUIQだが、3.0からはペン入力以外の入力方式にも対応する。

 入力方法が異なっても、同じコードをベースに構築できるのが強みだという。

 「SDKはここ数カ月内に公開する。今年末くらいにはUIQ3.0を搭載した携帯電話も公表されるだろう」(サンドベリィ氏)

[斎藤健二,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.