誠

プリンタ用表示

ニュース
2005/06/07 15:55 更新


KDDIが首位。ボーダフォンは純減──5月契約者数

ドコモ対KDDIの接戦は、僅差でKDDIの勝利。2005年に入って初めて首位となった。ボーダフォンは約4万の純減で、契約者数は1500万を割り込んだ。1年前と同程度の契約者数だ。

 電気通信事業者協会(TCA)は6月7日、携帯電話/PHSの2005年5月の契約者数を発表した。携帯電話契約数は30万8900増えて、8774万4200。

グループ名2005年5月純増数累計
ドコモ17万75004925万3100
au(KDDI)18万19001996万2400
ツーカー−1万600356万7400
ボーダフォン−3万99001496万1300


tca1.gif

各キャリアの単月の純増数

 毎月純増シェアトップを争うドコモとKDDIだが、5月はKDDIが5カ月ぶりに首位を獲得した。ただしその差は、わずか4400。トップ2社の接戦が続いている。

 逆にツーカーとボーダフォンは、純減が続いている。特にボーダフォンは5月も3万9900の純減となり、契約者数が1500万を割り込んだ。ちょうど1年前の2004年5月とほぼ同数の契約者数だ

グループ名単月シェア累計シェア
NTTドコモ57.46%56.13%
au(KDDI)58.89%22.75%
ツーカー-3.43%4.07%
ボーダフォン-12.92%17.05%

tca2.gif

各キャリアの単月シェアの推移

3Gは各社順調に増加

 3G携帯電話の契約者数は従来と同様の傾向。ドコモは順調に契約者数を伸ばし、64万増の1288万。全体に占める3Gの比率は26.2%(前月比1.3ポイント増)に達した。

 KDDIは既に3Gの比率が92%を超えており、増加数は24万。ほぼ3G化を完了しつつある。

 ボーダフォンは11万4400の3Gユーザーを獲得し、3G化率は前月比で0.7ポイント増えて7.8%に達した。

グループ名2005年5月純増数(3G)累計(3G)3G率
ドコモ64万28001288万270026.2%
au(KDDI)24万62001849万450092.6%
ボーダフォン11万4400117万29007.8%

着うたフル対応機が200万突破

 auの着うたフル端末が、200万台を突破。2004年11月下旬のサービス開始から約6カ月で対応機種が221万台に達した。

キャリアカメラムービーアプリGPS着うたWeb
NTTドコモ集計中集計中非公開4447万1900
au(KDDI)1742万1660万1107万(BREW)1248万1653万(うち着うたフル221万)1688万0600
ボーダフォン1252万9200544万7600936万3400-非公開1278万6800
 *「ムービー」は撮影した動画をメールで送信できる端末を指す。「Web」はボーダフォンは対応機種台数、ドコモとauは契約数。ドコモのカメラ付き端末の台数は、ドコモが発表したカメラ付きPDC端末の契約数とFOMAの契約数を合わせた数を表記

ウィルコム、2カ月連続で純増6万

 PHSでは、ウィルコムが絶好調だ。4月に続き6万を上回る純増を記録した。全国すべてで純増になっており、特に東京では4万5700の純増となった。

 逆に、全国すべてで純減となったのは、PHSからの撤退を発表しているドコモ。約5万減少した。

 アステルグループでは、サービスを終了した中部テレコミュニケーション(4月6日の記事参照)と四国のSTNet(4月26日の記事参照)の契約者数がゼロに。東北インテリジェント通信が1万7700、鷹山が7万5400を残すのみとなった。

グループ名2005年5月純増数累計
ウィルコム6万2700315万4900
ドコモ-4万9900120万3300
アステルグループ-3万30009万3100
累計-2万100445万1300

[斎藤健二,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.