誠

プリンタ用表示

ニュース
2005/06/07 01:52 更新


600万ドコモユーザーに届くメール広告──メッセージF

iモード端末のプッシュ型広告機能「メッセージF」が、今年度中にも登録者1000万を超えそうだ。今後は、画像付き配信も開始し、広告のインパクトアップを狙う。

 NTTドコモのiモード端末が備える「メッセージF(フリー)」をご存じだろうか。最初期のiモード端末から搭載を続けている機能で、ユーザーにプッシュ型の情報配信を行うメディアだ(2001年2月28日の記事参照)

 いわゆるメール広告と似ているが、違うのはこれが完全に広告だということ。当初はユーザーが受信許可の設定をしたときから届くようになる仕組みだったが、ドコモは2004年10月以降の新規契約からは出荷状態で届くような設定にしており(2004年6月10日の記事参照)、受信ユーザーが急拡大している。

 2004年の9月は280万人だったが、今年5月には637万人に増加。2005年度中には1000万人の登録者を見込むなど、マスメディアに遜色ないリーチを達成している。

mf0.jpg

メッセージFの例。絵文字や色文字、背景色、文字の点滅などを利用できる

細かなターゲット設定と、時間指定

 6月6日に開催されたモバイルマーケティングカンファレンス2005で、メッセージFへの広告出稿を取り扱うD2コミュニケーションズ(D2C)が、今後のメッセージFの展開についてセミナーを行った。

 メッセージFの特徴はユーザー数だけではない。ドコモが持つ契約者情報に基づいて、年代、性別、地域などのターゲット属性、そしてiアプリ、iショット、FeliCa、FOMA900シリーズなどの機能別に、配信先を設定できるのが大きなポイントだ。

 例えば、「30代の男性は、日中はほとんど家におらず、マス媒体にほとんど接触しない。しかし、外にいるので(適切なリーチができれば)購買行動に結びつきやすい」(D2C)。

 さらに配信の時間帯を指定できるため、「コンビニの広告の例では、利用直前にメッセージを送ることで、指名購買をさせることができる」(D2C)。

mf1.jpg

家におらずマス媒体に接触しな9時から19時の時間帯は、外にいてすぐに物を買える時間帯でもある。この時間帯の消費者にリーチできる広告としてメッセージFはユニーク

mf2.jpg

コンビニ商品の広告として、利用が増加するお昼直前や夕方直前に時間指定配信することで、指名購買を促進できるという

次のステップは画像付き

 次のステップとして、メッセージFは画像付きに改善される。「ターゲット設定、時間指定によるタイミングに加えて、画像付きによる“インパクトアップ”」とD2C。

mf3.jpg

画像付きのメッセージFがテスト配信された例

 画像を付けることで、付けない場合に比べて10ポイント以上の認知度アップが得られ、商品に対する印象も「センスが良い、斬新だといった項目で向上が見られた」(D2C)という。

[斎藤健二,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.