誠

プリンタ用表示

ニュース
2005/05/31 20:23 更新


2004年のモバイルコンテンツ関連市場は4616億円

MCFによると、2004年のモバイルコンテンツ関連市場の規模は4616億円。着うた、ゲームといったリッチコンテンツや、携帯電話での通販が特に伸びている。

 モバイル・コンテンツ・フォーラムは5月31日、モバイルコンテンツ関連市場の規模について、調査結果を発表した。

 モバイルコンテンツ関連市場は「モバイルコンテンツ市場」と「モバイルコマース市場」の2分野が柱となっている。2つを合わせた2004年のモバイルコンテンツ関連市場は4616億円で、2003年の3522億円から31%増えている。

市場カテゴリ2002年2003年2004年
モバイルコンテンツ市場1793億円2133億円2603億円
モバイルコマース市場1078億円1389億円2013億円
モバイルコンテンツ関連市場2871億円3522億円4616億円
モバイルコンテンツ市場、モバイルコマース市場ともに順調な伸び。このほか、今回は調査対象に含まれていないが、バナーやメール広告を中心とする「モバイル広告市場」、飲料キャンペーンなどの販促プロモーションを中心とする「モバイルソリューション市場」などのカテゴリも、モバイルコンテンツ関連市場に含まれる

 モバイルコンテンツ市場は、着信音やゲームなどのデジタルコンテンツ配信を中心とする市場。第2世代携帯電話向けのコンテンツが飽和してくる中、着うた、ゲームといったリッチコンテンツ市場が急成長しており、定額制が今後本格的に定着することにより、3G・定額制を前提としたモデルにシフトしてくるだろうと予測している。

 モバイルコマース市場は、携帯電話を利用した通販を中心とする物販系、イベントや航空券などのチケットを扱うサービス系、証券取引やオークションなどの手数料を扱うトランザクション系の3分野で構成されている。このうち伸びが著しいのは物販系であり、また、モバイルオークションが急成長したのも大きな特徴と分析している。

[ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.