誠

プリンタ用表示

ニュース
2005/05/20 16:11 更新


ドコモ、クレジット決済サービス「DoCommerce」を終了

クレジット決済をドコモが代行したり、銀行の口座残高をiモード携帯から確認できるサービス「DoCommerce」が9月に終了。ただし、請求代行サービスは継続する。

 NTTドコモは5月20日、モバイルコマースサービス「DoCommerce」(ドゥコマース)のうち、「クレジット決済&マネーチェック」サービスを9月15日に、「コンビエン」を9月2日に終了することを発表した。

 DoCommerceは、2003年から始まったiモード端末向けのサービス(2003年5月22日の記事参照)。クレジットカード情報をドコモに登録しておくことで、ネットショッピングが簡単に行える「クレジット決済代行」サービス、銀行や郵便貯金の口座残高を確認できる「マネーチェック」サービス、携帯の画面にネットショップの請求書をQRコードとして表示し、それを読み取ることで、コンビニの店頭で支払いができる「コンビエン」サービス、携帯電話料金と合わせて商品の料金を支払える「請求代行」サービスの4つのサービスからなる。請求代行サービスは今後も継続する。

 サービスを終了する理由は「利用者が少なかったため」。とくに今後、代わりとなるサービスを考えているわけではないという。

 「DoCommerce全体で、登録している契約者数が数万人。このうち、実際利用している人が何パーセントだったかは把握していないが、利用者は少なかったと認識している。直接の理由ではないが、三井住友フィナンシャルグループと提携してクレジットカード事業に乗り出すことも決定しており、今後の展開を考える上で継続する必要がないと判断し、終了した」(NTTドコモ広報部)

[吉岡綾乃,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.