誠

プリンタ用表示

速報
2005/05/19 16:30 更新


iモードユーザー、朝の目覚ましは「携帯電話」が8割弱

インフォプラントの調査によれば、iモードユーザーにとって朝の目覚ましと言えば携帯電話がデフォルトのようだ。また、時間を確認するためのパーソナルツールも、その主役の座が腕時計から携帯電話へ移り変わっていることがわかる。

 インフォプラントは5月19日、iモードユーザーを対象に実施した「目覚まし方法と時間の確認」に関するアンケート調査の結果を発表した。調査は、 iモード公式サイト「*とくするメニュー」の定例リサーチを利用して行われ、有効回答数は1万759人(男性30.8%、女性69.2%)。

 朝の目覚まし方法を選択項目から最大2つまで選んでもらったところ、77.1%が「携帯電話のアラーム」と回答。次いで、「目覚まし時計」(40.5%)、「自然に目を覚ます」(22.3%)と並んだ。

 同結果を男女別で見ると、携帯電話のアラーム(男性:67.1%、女性:81.5%)は女性で多く、目覚まし時計(男性:47.3%、女性:37.4%)は男性で多い傾向を示した。また、年代別では、若年層で携帯電話のアラームが多く、目覚まし時計と自然に目を覚ますは高年層で多かった。

 「携帯電話の音で起こされるとしたら、どんな音がいいか?」(2つまで選択可)の質問では、「お気に入りの音楽」が73.3%でもっとも多く、これに「目覚まし時計のような音」(35.3%)が続いた。また、年代別で見た場合、高年層では「小鳥の声など自然音」と答える人が目立った。

 普段時間を確認する方法(3つまで選択可)は、87.1%が「携帯電話」と答えトップ。次いで、「掛け時計」(52.9%)、「腕時計」(33.8%)、「置き時計/目覚まし時計」(32.8%)と並ぶ。

 男女別での傾向を見ると、携帯電話(男性:80.9%、女性:89.9%)、掛け時計(男性:45.0%、女性:56.4%)、テレビ(男性:25.1%、女性:34.9%)は女性で多く、「腕時計」(男性:44.1%、女性:29.3%)は男性で多い。また、20歳代以下の約9割が携帯電話と答えている一方で、男性40歳台以上の過半数は腕時計を挙げた。

[ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.