誠

プリンタ用表示

ニュース
2005/05/11 14:55 更新


ボーダフォン、10月にEdy対応携帯を発売

ボーダフォンとビットワレットがサービス提供で同意、ボーダフォンが2005年10月以降発売する携帯電話で、電子マネーEdyが使えるようになる。

 ボーダフォンは5月11日、2005年10月をめどにFeliCa搭載携帯電話を発売、電子マネーEdyのサービスを提供することで、ビットワレットと合意した。端末が発売されるのと同時にサービスを開始する予定だ。

 ボーダフォンがFeliCaチップを搭載した携帯電話を発売することはすでに明らかになっていたが(2月24日の記事参照)、サービス内容について明らかにしたのは初めて。Edyの電子マネー機能がボーダフォンのFeliCa搭載携帯電話で利用できるようになる。またビットワレットは、Vアプリに対応したEdy用アプリケーションを提供する。

 電子マネー機能以外の機能(ポイントサービスなど)については「検討課題ではあるが、現時点では未定。これから決めていく」(ボーダフォン広報部)。ビットワレット広報部では「詳細は決まっていないが、『ケータイ de Edyマイル(ANAのマイレージを、ひも付けしたおサイフケータイで貯められるサービス)』のようなサービスを含め、現在NTTドコモに提供しているサービスと同等のものをボーダフォンにも提供する方針」とコメントしている。

 当面はインフラ的に日本が先行しているため、日本市場でのみ使えるサービスになる予定。搭載機種が2G、3Gどちらの機種になるかは明らかにしなかったが、「詳細は未定だが、世界共通(3G)モデルに、FeliCaチップを追加して、Edy機能を持たせるような形も考えている」(ボーダフォン広報部)。同社では、2006年度以降発売する端末にはFeliCa機能を標準搭載していく意向を明らかにしている。

 携帯電話へのFeliCa機能搭載では、NTTドコモが先行しており、4月7日時点で、iモードFeliCa対応端末数は約300万台を突破している。KDDIでも2005年の秋にEdy対応、2005年度後半にはSuica対応を予定している。今年の秋以降は、3キャリアの携帯電話で共通してEdy機能が利用できるようになる見込みだ。

[吉岡綾乃,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.