誠

プリンタ用表示

ニュース
2005/05/11 12:16 更新


CSC、通信機能付き製品を簡単に開発できる組込通信サービス (1/2)

CSCは、玩具メーカーなどを対象に「MyAccessサービス」を提供開始した。通信技術に詳しいエンジニアがいなくても、モジュールを組み込むだけで通信機能を簡単に追加できる。通信費用も月額数百円と格安だ。

 CSCは5月10日、ウィルコムのPHS網を利用した組み込み向けの通信モジュール「CSCエンジン」と、これを利用した「MyAccessサービス」の提供を発表した。玩具やリモコン、防犯グッズなどの製品を製造するメーカーに対し、汎用の通信モジュールと、通信網への接続を提供するサービスを行う。

 CSCは2005年1月に設立した会社で、松下電器産業、加賀電子、タカラモバイルエンタテイメント、東洋アイティーホールディングスなどが出資している。ビジネスパートナー制度を採用し、製品を企画するメーカーへ技術支援を行っていく。

ay_csc01.jpg
CSC社長の村田栄一郎氏。「ユビキタスというが、『いつでもどこででも』は実現できていなかった。我々はそれを正面から事業にした」
ay_csc02.jpg
通信網を提供するウィルコム社長の八剱洋一郎氏。「PHSは人と人とをつなぐサービスだが、CSCが提案するのは、モノと人とをつなぐサービス。大きな市場になるのではないかと期待している」とあいさつした

通信ソフトの知識がなくても製品が開発できる

 MyAccessサービスのポイントは大きく3つある。

 1つは、新開発の通信モジュールCSCエンジン(CE-001P)を使うことにより、通信やソフトに詳しい技術者がいなくても、商品開発が可能になることだ。カメラ、センサー、スイッチ、GPSモジュールなどの各種I/O部品を制御するプログラムが組込済みなので、メーカーはCSCエンジンを導入するだけで、通信機能を組み込んだ機器を開発できる。ネットワークへの自動接続機能も備えており、モジュールに電源を投入するだけで自動的にウィルコムのパケット通信網に接続、通信可能な状態になる。

低トラフィックなパケット通信で、月額数百円の定額制を実現

 2つ目は、通信サービスを安価に定額で提供できる点。MyAccessサービスでは、数バイト〜数Kバイトの低トラフィックなパケットデータ通信に特化することにより、利用料金を定額でパートナー企業に提供する。利用料金はケースバイケースということで村田氏は明言を避けたが、「NTTドコモのPHS網やDoPaを利用すると、同様のことをするのに月額基本料1000円程度+通信料がかかる。CSCではその半分くらい」(パートナー企業説明員)ということから、月額数百円とみられる。

      | 1 2 | 次のページ

[吉岡綾乃,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.