誠

プリンタ用表示

ニュース
2005/04/26 15:46 更新


電波は生体に悪影響なし――携帯4キャリア

携帯4キャリアは、携帯電話の電波が生体にどんな影響を与えるかの研究で中間報告をまとめた。携帯の電波は安全であることが再確認できたという。

 NTTドコモ、KDDI、ボーダフォン、ツーカーセルラー東京と三菱化学安全科学研究所は4月26日、携帯電話の電波が生体にどんな影響を与えるかの研究で中間報告をまとめた。携帯の電波は安全であることが分かったという。

 実験は2002年11月から、携帯キャリアが共同で行っているもの(2002年11月の記事参照)。4社が三菱化学側に委託して行い、人間の細胞を用いて行った実験で中間結果が出た。

Photo

 実験では電波強度を、携帯基地局電波の防護指針値と同レベルから、10倍に相当する強さまで変えた。しかしいずれの場合も細胞に悪影響が確認されなかった。

 具体的には、ドコモが設計、開発した電波照射システムに細胞培養装置を取り付けて、W-CDMAの電波を照射した。このとき、電波を照射した培養皿の細胞と照射しなかった培養皿の細胞との間で、細胞増殖率、遺伝子の働き、DNA鎖切断などであまり差がなかった。

 携帯電話の電波をめぐっては「世界的に、健康に悪影響をおよぼすという確たる証拠は認められないとの認識がある」(携帯4キャリア)という。今回の実験で、各キャリアは携帯の電波の安全性が再検証できたとアピールしている。

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.