誠

プリンタ用表示

ニュース
2005/04/22 19:45 更新


富士通、WiMAXチップ開発──基地局/端末双方で利用可

基地局だけでなく端末でも同じチップを使えるようにしたことで、相互接続性を高めた。

 富士通は4月22日、WiMAX(IEEE802.16-2004)に対応したベースバンドLSIチップを開発したと発表した。基地局と端末の双方で同じチップを利用でき、この点で世界初をうたう。

 同社によると、基地局側のWiMAXチップには大きなCPUパワーが必要で、これまで端末側と同じチップを使うのが難しかった。富士通では、「外部にハイパワーなRISCチップをつなげられるモードを用意」して対応した。

 基地局と端末の双方に同じチップを使うことで、相互接続性を高めるという狙いがある。

 チップを共同開発したカナダのWi-LAN社や、米Aperto Networks、中国のZTEなど、WiMAX関連機器開発メーカーには既にサンプルチップを提供済み。日本国内ではWiMAXが利用できる周波数帯が確定していないこともあり、「日本、韓国を除く全世界をターゲットとしていく」(富士通)。

 同社は引き続き、ポータブル/モバイル的な利用が可能になる後継規格、IEEE802.16e対応チップへの対応も進めていく。

[斎藤健二,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.