誠

プリンタ用表示

ニュース
2005/04/06 16:29 更新


コミックは携帯で楽しむ時代に

小学館の名作コミック、「人間交差点」「闇のパープルアイ」などが携帯で配信される。携帯向けコミック配信市場は急速に拡大、小学館は「十分ビジネスになる」と見る。

 小学館とNTTソルマーレは4月6日、デジタルコンテンツ提供に関して業務提携。小学館の名作コミック6点を4月7日から携帯向けに配信すると発表した。

配信タイトル著者配信開始日
人間交差点原作:矢島正雄 作画:弘兼憲史4月7日
東京ラブストーリー柴門ふみ4月14日
六三四の剣村上もとか4月21日
闇のパープルアイ篠原千絵4月28日
快感フレーズ新條まゆ5月2日
B・B石渡治5月12日

comic2.jpg

コミックiでは1話20ポイントでコミックを閲覧できる。「コミックi300」では月額315円で月間300ポイント、「コミックi500」では月額525円で月間600ポイントが加算される。900i/901iに対応、アクセスは、「TV/ラジオ/雑誌/小説」−「雑誌」から

 当初PCやPDA向けとして始まったデジタルコミック配信は、高度化した携帯電話向け配信が始まったことで市場が急速に伸びている。「デジタルコミック市場は数100億円規模までいくのではないか。そのうち、カットマンガのようなケースはほとんどは携帯に移っていく」(NTTソルマーレ)

 デジタル化に積極的な小学館も、携帯のハードウェアが強化され、パケット料金定額化などインフラが整備されたことから、本格的なビジネス展開をにらむ。

 「(コミックのデジタル配信は)今まで実験の意味合いが強かったが、今後は十分ビジネスになる」(小学館)

 また小学館側で「コミックをデジタル化していく仕組みが形になって、コンテンツの供給がスムーズにいくようになってきた」こと、複雑なコマ割りに対応したコミック閲覧ビューワが準備されたことが、携帯コミック市場が伸びると見込む理由だ。携帯ではセルシスの「ComicSurfing」を使う(2004年6月15日の記事参照)

comic1.jpg

小学館提供タイトルの配信スケジュール

当初はiモード、au、ボーダフォンも今年度内

 これらのコンテンツは、NTTソルマーレが運営するiモードサイト「コミックi」で提供される。同サイトは、55タイトルを配信しており国内最多をうたう。オープン後8カ月で累計100万ダウンロードを超え、3月末時点で月間20万ダウンロードの実績を上げている。

 年度内には、au向け、ボーダフォン向けにも展開する計画だ。

 「今後、コミックiトータルで1億円を売り上げていきたい」とNTTソルマーレは意気込む。

 小学館側もコンテンツ拡充に積極的だ。「まずは、本屋に行ってもないタイトルを提供する。いずれはいろいろなタイトルを持って行きたい。将来は、単行本になると共に配信したり、雑誌に掲載中のコンテンツを配信することも考えられる」(小学館)

[斎藤健二,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.