誠

プリンタ用表示

ニュース
2005/02/22 16:20 更新


ドコモ、2006年1月から「モバイルSuica」開始

JR東日本、ドコモ、ソニーの3社は、2006年1月から携帯を利用した自動改札入出場サービス「モバイルSuica」を開始すると発表した。2005年3月からフィールドテストを行う。

 JR東日本、NTTドコモ、ソニーの3社は、2006年1月から携帯を利用した自動改札入出場サービス「モバイルSuica」を開始すると発表した。ソニーの非接触ICカード技術「FeliCa」を利用する。

 現在JR東日本のICカードサービス「Suica」で提供している電子マネーサービス「イオ」や定期券、普通列車グリーン券といった機能を携帯に持たせる予定。イオの残高や使用履歴は携帯の画面で確認できるようになるという。2005年3月から、自動改札機の入出場、およびショッピングサービスのフィールドテストを開始する。

 2006年度後半には、モバイルSuicaにチャージしたイオを利用してネットショッピングも可能にする。2007年度には、モバイルSuicaで新幹線指定席券を購入し、そのまま携帯をかざして改札機を通過できるようなサービスも可能になる見込みだ。

 ドコモでは現在、2005年2月12日現在で200万台がFeliCaに対応しており、このインフラ上でモバイルSuicaが提供されることになる。

[ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.