誠

プリンタ用表示

ニュース
2005/01/25 17:08 更新


ドコモ、パケット通信料を企業に請求できる「iモードパケット・フリーサービス」

iモードを利用してイントラネット内コンテンツにアクセスした場合、発生したパケット料金を接続先の企業側に請求するサービスをドコモが開始する。一つの端末を仕事と私用と両方に使っているような場合、パケット料金を分計できるようになる。

 NTTドコモは1月25日、法人向けサービス「iモードパケット・フリーサービス」の提供を発表した。イントラネット、企業内サーバなどにiモードでアクセスしたときに発生したパケット料金を、企業側に課金できるもの。iモードのパケット料金を、端末ではなくサーバ側に課金するサービスは初。2月1日より提供を開始する。

 課金を負担するURLをあらかじめ指定しておくと、そのURLへiモードを利用したアクセスを企業側に課金できる。接続先の特定URLを3つまで、ディレクトリ単位で指定することも可能。

 1契約あたり3000端末以内で、アクセスする端末を特定できる。また、アクセスする端末を特定せず、フリーダイヤルのような使い方をすることもでき、この場合はアクセスにかかったiモードパケット料金はすべて企業側に課金されることになる。

 利用料は契約事務手数料が2100円、月額利用料は10500円。パケット通信料はFOMAが0.21円/パケット、ムーバが0.315円/パケットとなる。ケースによっては、100万円の預託金が必要となる。

 申込受付は、法人向けサイト「ビジネスオンライン」から。

ay_docomo01.gif
サービスイメージ


[吉岡綾乃,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.