ニュース
» 2012年04月27日 13時35分 UPDATE

内田洋行の無線プレゼンシステム「wivia2」、iOS/Androidに対応

内田洋行は、無線LAN対応のプレゼンシステム「wivia2」をバージョンアップする。iOS/Androidに対応し、各端末に保存しているデータをプロジェクターやディスプレーに投影可能とした。

[Business Media 誠]
shk_uchida01.jpg wivia2でタブレットのデータを投影した様子

 内田洋行は4月27日、無線LAN対応のプレゼンシステム「wivia2」のバージョンアップを発表した。iOS/Android端末に対応し、各専用アプリを5月中旬より配布する。

 wivia2は、PCなどの端末に保存しているデータを、無線LAN経由でプロジェクターやディスプレーに投影するシステム。映像ケーブルをつなぎ変えることなく、PC側の操作で投影先を切り替えたり、最大4画面までの同時投影に対応する。価格は7万9800円。

 今回のバージョンアップにより、スマートフォンやタブレット端末からの操作を可能とした。各端末に専用のアプリケーションをインストールすることで利用できる。

shk_uchida02.jpg wivia2の外形は117×140×27ミリ(横幅×奥行き×高さ)。重量279グラム

 アプリケーションは、操作内容によって2種類用意した。1つ目は、スマートフォンなどの端末に保存しているデータを無線LAN経由で投影できる「wivia Docs」。対応データ形式は、Microsoft PowerPoint/Word/Excel、PDF。端末内のデータだけでなく、メールの添付ファイルやDropBoxなどのオンラインストレージに保存しているデータも投影可能だ。

 2つ目はスマートフォンのスクリーンショットや内蔵カメラショットの画像を投影できる「wivia Shot」。スクリーンショット機能を搭載した端末であれば、キャプチャーした画面をそのままwivia2経由で投影できる。カメラのシャッター動作と連動して、撮影した画像を投影するといった使い方もできる。

 なおwivia Docsは5月中旬に、wivia Shotは6月中旬にApp StoreとGoogle Playで公開する。いずれも無料。

 既にwivia2を利用しているユーザー向けに、アップグレード用のファームウェアを内田洋行のWebサイトにて5月11日に公開する。

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Facebookコメント

新着記事

news006.jpg
ビジネス英語の8割は中学英語で通用する:
news004.jpg
脳はなんで気持ちいいことをやめられないの?:

アクセスランキング

今日のライフハック

はてブ注目&殿堂入り

Biz.ID Shopping -PR-