ニュース
» 2006年11月21日 14時13分 UPDATE

好きなサイトのRSSを作れる――「gooフィードメーカー」

NTTレゾナントは、Webサイトに掲載されている新着情報などのテキストリンクからRSSフィードを作成できるサービス「gooフィードメーカー(β版)」を開始する。

[吉田有子, 鷹木創,ITmedia]

 NTTレゾナントは、ポータルサイト「goo」でWebサイトに掲載されている新着情報などのテキストリンクからRSSを作成できるサービス「gooフィードメーカー(β版)」を11月21日に開始する。

 利用には無料で登録できる「gooID」が必要。1日1回更新のRSSを3つまで作成できる無料版と、最短で30分間隔で更新するRSSを30まで作成可能な月額200円の「gooフィードメーカーアドバンス」の2種類を用意した。作成できるフィードは「RSS 1.0」。自分だけで使うほかに、ブログなどに貼り付けて公開することもできる。gooフィードメーカーアドバンスを利用すれば、作成したRSSフィードに対するアクセス解析も可能だ。

 なお、11月21日から3カ月間はキャンペーン期間として「gooフィードメーカーアドバンス」も無料で利用できる。さらに、任意の数だけフィードを作成できるサービスを法人向けASPとして2007年3月までに提供する予定だという。

yy_goofeed08.jpg

 RSSの作成には、まず、対象となるWebサイトのURLを入力する。管理画面内にそのサイトが表示されるので、RSS化したい部分をマウスで指定すればよい。作成したRSSフィードに関連する「教えて!goo」や「gooブログ」を表示して、自動的に情報を収集する「リパックページ」も作成できる。

 なお、これまでも非RSS対応サイトのRSSを作成するサービスとしては、東京工業大学精密工学研究所奥村研究室の「なんでもRSS」(2005年の記事参照)や、サイドフィードの「My RSS」などが存在していた。

 NTTレゾナントによれば、「gooフィードメーカーはNTT研究所による独自開発のサービス。サイト内でRSSを作成したい箇所を指定できるところなどが特徴だ」という。

yy_goofeed01.jpg gooフィードメーカーによるRSS作成画面。左側の黄緑色で囲んだ部分がRSSを作成したいWebサイトだ(例として、gooのトップページを指定した)。中央部にあるオレンジ色の部分はRSS化するためにマウスで指定した部分。右側の赤で囲んだ部分がRSSフィードとして作成される

NTTレゾナントのRSS関連サービス展開予定

 NTTレゾナントの浅田安茂事業部長(メディア事業部)は、「Internet Explorer 7の登場によってRSSの読み手が増加する」と予測する。IE 7の普及に伴い、RSSを配信するWebサイトも増え、RSSを読むためのサービスや読みたいRSSを探すサービスのニーズも高まる――というわけだ。

 こうした動きに対してNTTレゾナントでは、2004年から提供している「goo RSSリーダー」(2004年の記事参照)の機能向上を図る。gooフィードメーカーとの連携機能などを検討するという。このほか、gooブログ以外のRSSフィードを検索対象に加えた「フィード検索」を「2007年度はじめにはサービスを開始する予定だ」(技術マーケティング部の内山匡担当部長)。なお、このフィード検索は「gooブログ検索」をベースに開発しており、ブログ以外に企業などが配信するRSSフィードも検索対象となる見込み。

yy_goofeed09.jpg メディア事業部の浅田事業部長
yy_goofeed10.jpg 技術マーケティング部の内山担当部長

yy_goofeed07.jpg
yy_goofeed06.jpg

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Facebookコメント

今日のライフハック

はてブ注目&殿堂入り

Biz.ID Shopping -PR-